わたしの衣食住

ミニマリストに憧れるアラフォー女のつぶやき

クリスマスカード

手紙を書く習慣はありませんが、手紙を書いたり、もらったりするのは好きです。

 

 

メールだと味気なかったり、相手の表情が見えにくいですが、手紙は文字の踊り方や書き方で、相手の表情が見える気がします。

 

 

文字に感情が乗っているとでも言えばいいでしょうか。

 

 

そろそろ年賀状を書く時期になってきましたが、残念なことに今年も喪中のお葉書が数通届きました。

 

 

新年のご挨拶が出来ない友人達に、わたしから来年もよろしくの意を込めて、クリスマスカードを送る予定です。

 

 

サンタクロースがワイワイしているクリスマスカードを見て、喜んでくれたら嬉しいな。

 

f:id:watashinokurashi:20161203104640j:plain

f:id:watashinokurashi:20161203104645j:plain

 

わたしはアフロのサンタクロースがお気に入り

2日のお菓子(イベントカレンダー)

f:id:watashinokurashi:20161202212253j:plain

 

いちごチョコが入ったマシュマロでした。

とても甘かったけど、お茶のお供で頂いたので、問題なしです。

予想大当たり!

明日の予想は…ラムネかな。

パジャマ

手触り、着心地のいいモコモコしたものに惹かれます。

 

 

パジャマは夏も冬も2着ずつ。

 

 

理由は、基本的に部屋干しなので、乾かなかったら困るからです。

 

 

本当は1着ずつにしたいけれど、そこは無理しません。

 

 

冬のパジャマ2着がくたびれてきていたので、とりあえず1着、新しいのを購入しようと、ユニクロ無印良品などを探してみましたが、ピンとくるものに出会えませんでした。

 

 

ところが、一応…という気持ちで覗いた「ファッションセンター しまむら」にて、可愛いパジャマを発見。

 

f:id:watashinokurashi:20161201184712j:plain

 

モコモコ具合とポケットから顔を出す黒猫に、キュンとしてしまい、ほぼ迷う事なくお買い上げ。

パジャマぐらい、年齢に関係なく可愛いものを着たっていいですよね。

 

 

お値段 1900円。

 

 

20代の頃は、お値段が高いものは必ず良いものと信じ、あまり考えず買ってしまい、失敗することも多かったのですが、最近は、お値段の高いものは、質やデザインが素敵なものが多いけれど、必ずしも自分のニーズに合っているとは限らないのだなと思い、自分が本当に欲しいものかをよく考えて購入するようになったので、失敗も少なくなりました。

 

1日のお菓子(イベントカレンダー)

f:id:watashinokurashi:20161201191114j:plain

 

メロン味の飴でした。

駄菓子の味を思い出す懐かしい味でした。

明日の予想は…マシュマロ!

 

watashinokurashi.hatenadiary.jp

 

師走

12月。

 

 

幼い頃はワクワクドキドキすることが多かったのに、大人になってからは時間に追われることが多いように思います。

 

 

何が違うのかなと、ふと考えてみると…

 

心のゆとり

 

かなと思いました。

 

 

同じような嬉しい出来事があっても、味わう時間が大人は子供に比べて短いのかも知れません。

 

 

子供にだって、悩み事や、やらなくてはならない事があるけれど、大人は子供以上に仕事や多種多様なストレスに疲弊していて、気持ちに余裕がないのだろうと思います。

 

 

少なくとも、わたし自身はそうなのだろうと強く感じています。

 

 

今年の12月は、そんな自分をゆっくり見つめて、1つ1つの小さな出来事を味わいながら過ごそうと思います。

 

 

焦っても仕方ないですものね。

 

f:id:watashinokurashi:20161130215144j:plain

無印良品のイベントカレンダー。

今日からクリスマスイブまでカウントダウン。

毎日、どんなお菓子が入っているかワクワクドキドキします。

手帳

覚えられないほど、たくさんの予定はありません。

 

 

職場には仕事の予定を書いている手帳がありますが、プライベートでは買っておいても使うことはほとんどありませんでした。

 

 

しかし、ゆるりまいさんの本に出てきた手帳に一目惚れし、昨年のボーナスで自分へのご褒美として、同じ手帳を購入しました。

 

 

嬉しくて、ほとんどない予定や日記を書いていたのですが、外国語で記載されているスケジュール帳で分かりづらく、また、わたしの書く文字に適したサイズの手帳とは言えず、3日坊主になってしまったのです。

 

 

それでも、手帳のカバーや形、デザインはすごく気に入っているので、何かに使えないかと試行錯誤した結果、

 

 

 

『気が向いたときに思いのまま書く手帳』

 

 

 

として現在落ち着いています。

 

 

毎日書く日記だと、日記を書くことが義務になってしまうので、わたしには不向き。

だったら、書きたいときに書けばいいとなりました。

 

 

そして来年、再度手帳を持つことにチャレンジします。

中身は、職場でも使用している「ほぼ日手帳

カバーは昨年同様の IL BISONTE のブックカバー。

 

 

自分なりの手帳の使い方を見つけたいと思います。

 

f:id:watashinokurashi:20161129194733j:plain

左は昨年買った手帳で、右は今年買ったブックカバー。

同じ色を購入しましたが、1年で素敵な色になりました。

黒色靴下

わたしの職場では、靴下の色が決まっています。

 

 

黒か紺。

 

 

しかも柄は無しです。

 

同じ時期に買った黒色靴下は、ここ数ヶ月で、次から次へと穴が空いてしまい、残り2足になってしまいました。

 

急な泊まりがあると、2足でやりくりするのは難しいので、靴下購入のため、ユニクロへ。

 

 

3足990円。

 

 

いつもなら迷いなく3足購入しますが、

 

『3月の内示によっては黒色靴下を履く必要がなくなるかもしれない』

 

と思い、1足のみ購入。

 

f:id:watashinokurashi:20161128210843j:plain

 

1足あたりで考えれば割高になってしまいましたが、本当に必要な数だけ物を持つというミニマリストな考えが根付いてきたのかなと思います。